大人気焼肉店「牛蔵」(西武線・富士見台)を子連れで効率的に食べ尽くす!

ども! ぴょんの助です!

このブログは、一応、

・首都圏に住む30代以降で子育てしているサラリーマン・サラリーウーマン

を対象としているんですが

今回のエントリは首都圏、しかも都内近郊の方以外にはまったく役立たないエントリになっています。
申し訳ありません!

東京屈指のリーズナブル人気焼肉店!

さて、お詫びしたところで、食べログでキーワードを「焼肉」とのみ入力して検索してみてください。

2017年1月現在、「全国の焼肉」で食べログ検索すると29位くらいにランクされています。

めでたく、29位にランクインされているのが今回の主役、「焼肉問屋 牛蔵(ぎゅうぞう)」という焼肉屋さんです。

死ぬほど安くはないが、交通費をかける価値はある

このお店は、つい10年くらい前は(10年をついとか言って、おっさんですね…)知る人ぞ知る存在でした。
しかし、気づくと食べログで、不動の存在感を示すように…

このお店の素晴らしさは、食べロガーのみなさんの秀逸なレビューを見ていただくとして、私の感想を一言で言うと「交通費をかけてまで行く価値がある!」というところでしょうか。

後からお話しするように、私が住んでいる駅から牛蔵までは往復で600円(大人)くらいかかっちゃいます。
一家4人で行けばそこそこの交通費ですが、それでも行きたくなっちゃうんですよねーー。

でも、せっかく子どもを連れて行くなら、子どもにも楽しんでもらいたい

嫁にも認められたい、そんで、もっと焼肉に行きたい!!(笑)
ということで、お子様連れのみなさんにこの超・人気店の攻略方法をお伝えします

 

西武線「富士見台」を攻略せよ!

さて、牛蔵は西武池袋線の「富士見台」という駅にあります。
駅から徒歩30秒くらいのところなので、駅にさえつければ、さほど迷わずに行くことができるはずです。

でもなー。
「富士見台」ってなかなか用がないんですよねー。
(お住まいの方、申し訳ありません…)
というわけでGoogle Mapを見ながら思案したところ、あるスポットが浮かび上がりました。


ん? なんかあるぞ?

そうです。その名は豊島園

これで、パパ、ママ、子どもたちのwin-win な休日の完成です(笑)

というわけで、豊島園 → 牛蔵 のゴールデンコースを超効率良く行く方法をお教えします。

牛蔵の特殊な予約方法を攻略せよ!

さて、超人気店である牛蔵ですが、予約方法はちょっと変わっています。
まず、普通の電話予約には「枠数」があり、こちらをゲットするのは至難のワザです。
この方法はあくまでもサブ。

メインとなる予約方法はずばり、来店による予約です。
土日ですと、朝11時から来店による予約を受け付けてくれます。
が、11時にいったところで予約ができるとは限らないのが恐ろしいところです。

なぜなら、11時に予約開始のためにお店が開くのですが、その時点では長蛇の列……だからです。

当然、食事時間ごとに定員は決まりますので、列の最後ですと希望時間はおろか予約そのものがとれないでしょう。

何時に行けば確実に予約ができるの?

では、ずばり何時に行けば確実に予約ができるのでしょうか?
その答えは、「8時30分」!

ぴょんの助のこれまでの経験から導き出された緻密なデータ(←大げさ)なので自信あり!

並び方ですが、こんな感じです☆


丸数字の部分は待ち時間に用意されているイスです!

このイスにありつけないと、階段に座る あるいは 立って待つことになるのでちょっと辛いかもしれません。

このイスをゲットするには8時30分に行きましょう。

予約時にはこれだけを確認!

さて、11時になると予約のためにお店の中に入れます。

  • 来店時間(土日は16時半、18時、20時から選択)
  • 食べたいものを事前注文
  • 携帯電話番号(電話番号は登録されるので2回目以降は不要になります)

を伝えて予約完了です♪

豊島園への行き方は? 牛蔵の並び方は?

さきほど、「11時になると…」とさらっとお話ししましたが8時半からだと、その待ち時間は約2時間半。

ぴょんの助の場合は、ラジオの録音を聴いたり、読書をしたり居眠りしていればさほど苦痛ではありません。
(もちろんこれらはイスをゲットして座れないとムリですね…)

「2時間半も待てない」「焼肉行くのに電車かよ」という声も聞こえてきそうですが、そこは発想の転換。
2時間半ゆっくり本を読むもよし、資格試験の勉強なども結構はかどると思いますよ。
普段なかなか取れない自分一人の時間を楽しみましょう。

「そんなに待てないよ!」という御仁には、待ち時間途中の選手交代もアンリトゥンルールとして認められています。
夫婦での連携も、結構見られます。
(仲良しでなにより〜)

これが「子連れ牛蔵」の黄金法則や!

では、ぴょんの助の牛蔵の行き方をご紹介します。

8:30 ぴょんの助、牛蔵着

(9:45 もし選手交代する場合はここがハーフタイムです!)

11:00 予約完了! 西武線「富士見台駅」から「練馬駅」で乗り換え、「としまえん」駅へ(所要時間15分くらい) ぴょん妻、ぴょん子、ぴょん太と合流します。
16:00 としまえんを出ます。タクシーor西武線で牛蔵へ。

16:30 牛蔵着〜。携帯に電話がかかってくると入店できますよ。

たらふく食べました!

左が「マキ」、右が「ヒレ」ともに1.180円

 

おすすめは、この「チマキ」と呼ばれる部位です。牛タンの似た食感でお安くうまい!

「チマキ」480円

としまえんで遊ぶ時間が短いのでは? と思うかもしれませんが、子どもたちはすぐに飽きちゃうのでね。

もちろん、としまえんのチケットはメルカリで格安で優待券をさがしましょう!

これで、パパもママも子どももwin-winの1日です!

まとめ

  • 牛蔵の「来店予約」のベストタイムは朝8:30に店着。イスをゲットしよう!
  • としまえんには11:30に妻子と待ち合わせ

ソフトドリンクは「100円」! この日ばかりはおかわりしてもいいよ(笑)